Tumblr、ウェブ上のダッシュボードでインストリーム広告を開始

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年05月31日 11時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Tumblrは、ウェブ上のダッシュボードでインストリーム広告を始めたことで、広告市場での遅れをようやく取り戻せるかもしれない。

 Tumblrは米国時間5月30日、ユーザーがウェブ上でダッシュボードをスクロールした際、フォローしているブログの投稿とともにスポンサー付き投稿が表示されるようになったことを明らかにした

 Tumblrは4月から、同社のモバイルアプリ上でユーザーのストリームにスポンサー付き投稿が表示されるようにしている。デスクトップ上でもモバイルアプリの場合と同様に、$記号のアニメーションアイコンで示されたスポンサー付き投稿が1日に4本まで表示されるようになる。


Denny'sからのスポンサー付き投稿
提供:Tumblr

 スポンサー付き投稿の表示は、6月末までにすべてのユーザーに適用され、そのコンテンツはまず、ViacomやFord Motorなど7社のパートナーからのものとなる。

 Tumblrのグローバル販売責任者であるLee Brown氏は「広告に対する当社のアプローチに対して、Tumblrユーザーと当社パートナーの双方から信じられないほど肯定的な反応があり、驚いている」と述べ、「『Tumblr Radar』とスポンサー付きモバイル投稿のエンゲージメント率は素晴らしいものとなっており、慎重に練り上げた同様のアプローチを今回、ウェブ上のダッシュボードにも適用した」としている。

 これまで広告の表示は、ダッシュボードの右側と、デスクトップ版Tumblrの「Tumblr Spotlight」セクションに限られていた。今回の変更は、Facebookにおけるニュースフィードへの広告表示方法や、Twitterによるプロモツイートの表示方法をユーザーに思い起こさせるかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加