logo

ノキア、パテントトロール問題でグーグルに反論

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2012年06月02日 11時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、NokiaとMicrosoftがデバイスメーカー各社に「Android」の採用を思いとどまらせるため、共謀してパテントトロールを利用していると批判している。これを受けて、NokiaはGoogleに対し反撃に出た。

 Nokiaで広報を担当するMark Durrant氏は現地時間6月1日、Reutersの取材で次のように述べた。「当社ではまだ申し立ての内容を確認していないが、NokiaとMicrosoftが知的財産権に関して共謀しているというGoogleの主張は誤りだ。両社とも独自に知的財産権のポートフォリオや戦略を有しており、別個に運用している」

 Googleは米国時間5月31日、NokiaとMicrosoftが共謀してパテントトロールに資金を供与することで、Androidにダメージを与えるだけでなく市場における競争をも阻害しているとして、欧州委員会に申し立てを行った。パテントトロールとは、製品やサービスは提供せず、特許のライセンス契約や訴訟を収益源とする組織のことだ。

 NokiaとMicrosoftについて、Googleがいちばん問題としているのは、カナダの特許事務所MOSAID Technologiesのことかもしれない。同社は特許のライセンス契約を中心に時には訴訟も手がけており、2011年にはNokiaから無線関連の特許および出願特許を約2000件取得した。MOSAIDは契約の一部として、NokiaおよびMicrosoftと特許収入を分け合うことに同意している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]