logo

スピッツァー宇宙望遠鏡が撮影した宇宙--「ウォームミッション」稼働も1000日に - 12/17

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年05月05日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この写真は、Spitzer宇宙望遠鏡のカメラからのデータを統合したもので、明るい若い星と、低温でちりが多い周囲のオリオン星雲の雲の相互作用を描いている。

 低温のガスが「トラペジウム」の間に赤くたなびいているのが見える。トラペジウムは、強烈な明るさの領域で、4個の青白い大質量星があり、星の多い領域になろうとしている。

 この写真は、Spitzer宇宙望遠鏡のカメラからのデータを統合したもので、明るい若い星と、低温でちりが多い周囲のオリオン星雲の雲の相互作用を描いている。

 低温のガスが「トラペジウム」の間に赤くたなびいているのが見える。トラペジウムは、強烈な明るさの領域で、4個の青白い大質量星があり、星の多い領域になろうとしている。

提供:ESA/NASA/JPL-Caltech/N. Billot (IRAM)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]