logo

スピッツァー宇宙望遠鏡が撮影した宇宙--「ウォームミッション」稼働も1000日に - 9/17

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年05月05日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この「はくちょう座X」領域の赤外線画像では、ガスとちりの激しい泡によって、星の死と誕生の両方が引き起こされている様子が分かる。最も明るい、黄色がかった白色の領域は、星形成が起こっている高温の部分であり、中波長の緑色の光は、ちりが集まる巻きひげのような形の領域を示している。さらに長波長の赤い領域には、別の種類の低温のちりの存在を示している。

 この「はくちょう座X」領域の赤外線画像では、ガスとちりの激しい泡によって、星の死と誕生の両方が引き起こされている様子が分かる。最も明るい、黄色がかった白色の領域は、星形成が起こっている高温の部分であり、中波長の緑色の光は、ちりが集まる巻きひげのような形の領域を示している。さらに長波長の赤い領域には、別の種類の低温のちりの存在を示している。

提供:NASA/JPL-Caltech/Harvard-Smithsonian CfA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]