logo

サムスン、スマホ世界市場でシェア首位を維持--IDC調査

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉2012年05月02日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンとAppleがスマートフォン市場で覇権を争っているのは周知の事実だが、どうやらサムスンは、少なくとも現在は、この戦いに勝っているように見える。

 調査会社IDCが米国時間5月1日に発表した2012年第1四半期のレポートによると、サムスンは世界で4220万台のスマートフォンを出荷し、29.1%の市場シェアを得たという。一方、Appleは3510万台の「iPhone」を出荷し、24.2%の市場シェアを確保した。

 前年同期には、Appleが1860万台のスマートフォンを出荷していたのに対し、サムスンの出荷台数はわずか1150万台だった。

 IDCでシニアリサーチアナリストを務めるRamon Llamas氏は5月1日、声明で次のように述べた。「Appleとサムスンの競争はこの四半期も引き続き接戦となっており、両社ともに複数の主要分野で成長を示した。Appleは人気の高い『iPhone 4S』を、特に注目される中国をはじめいくつかの主要市場で発売した。一方サムスンは、スマートフォン兼タブレット『Galaxy Note』や他の『Galaxy』スマートフォンで引き続き成功を収めた」

 2012年第1四半期のスマートフォン市場では、Nokiaの出荷台数が前年同期比で50.8%減少し、1190万台になった。Research In Motion(RIM)の「BlackBerry」機器の出荷台数は29.7%減少し、HTCの出荷台数は23.3%減少した。3社のシェアを合計しても、サムスンやAppleの市場シェアに届かない。

 ただしスマートフォン市場全体をみると、状況は上向いている。IDCによると、2011年第1四半期のスマートフォン出荷台数は1億170万台だったという。1年後、この数字は1億4490万台に増加した。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]