logo

マイクロソフトが取り組む新しい未来 - 2/10

ZDNet Author 翻訳校正: 石橋啓一郎2012年03月15日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 このMicrosoft Researchのプロジェクトは、ユーザーが「スクリーン上の仮想オブジェクトを操作」することが可能な「視点依存、深さ補正済み表示機能を持つ透明なOLED(有機ELディスプレイ)」を使って、3Dコンピューティングに対するまったく新しい考え方を示している。

 この3Dオーバーレイは手で操作する世界で、(文字通り)手でつまんでコンテンツにアクセスすることが可能だ。われわれはこの技術に「JM」や「Tron」、「マイノリティリポート」の雰囲気を感じた。この3D拡張現実デスクトップについて詳しくは、この記事を参照して欲しい。このディスプレイが実際に動作しているところを見られる動画もある。
Scroll Right Scroll Left

 このMicrosoft Researchのプロジェクトは、ユーザーが「スクリーン上の仮想オブジェクトを操作」することが可能な「視点依存、深さ補正済み表示機能を持つ透明なOLED(有機ELディスプレイ)」を使って、3Dコンピューティングに対するまったく新しい考え方を示している。

 この3Dオーバーレイは手で操作する世界で、(文字通り)手でつまんでコンテンツにアクセスすることが可能だ。われわれはこの技術に「JM」や「Tron」、「マイノリティリポート」の雰囲気を感じた。この3D拡張現実デスクトップについて詳しくは、この記事を参照して欲しい。このディスプレイが実際に動作しているところを見られる動画もある。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]