logo

マイクロソフトが取り組む新しい未来 - 3/10

ZDNet Author 翻訳校正: 石橋啓一郎2012年03月15日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Meet Holoflector」は、「Kinect」と「Windows Phone」を組み合わせた拡張現実鏡で、Microsoftによれば、これは「スマートフォンの位置を推論し、グラフィックをその上に浮かんで見えるように描画する」ものだ。

 この装置を使うと、誰かとテレビ電話を繋ぎ、相手の投影映像を自分の手のひらに乗せることもできる。Kinectで捉えたスケルトントラッキングデータによって、ユーザーの腕や動きを追跡することが可能になっている。このHoloflectorを使った様子が見られる動画を見て欲しい。この動画では、「ホログラフィーテレビ電話」も見られる。
Scroll Right Scroll Left

 「Meet Holoflector」は、「Kinect」と「Windows Phone」を組み合わせた拡張現実鏡で、Microsoftによれば、これは「スマートフォンの位置を推論し、グラフィックをその上に浮かんで見えるように描画する」ものだ。

 この装置を使うと、誰かとテレビ電話を繋ぎ、相手の投影映像を自分の手のひらに乗せることもできる。Kinectで捉えたスケルトントラッキングデータによって、ユーザーの腕や動きを追跡することが可能になっている。このHoloflectorを使った様子が見られる動画を見て欲しい。この動画では、「ホログラフィーテレビ電話」も見られる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]