logo

マイクロソフトが取り組む新しい未来 - 7/10

ZDNet Author 翻訳校正: 石橋啓一郎2012年03月15日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この写真は、Microsoftの応用科学担当ディレクターSteven Bathiche氏が、手を動かしたり、ユーザーが専用に作られた物理オブジェクト(例えばバーコードを刻み込んだ棒)を振ったりすることで、スクリーン上のコンテンツを操作できる、高度に進化したパソコンを紹介しているところだ。同氏は例として、現実世界で棒を振ることで、画面の中の紙に火を付けてみせた。この「Microsoft Surface」の進化版は、平面の2D表面上ではなく、3D空間で動作する。

 この「見るディスプレイ」は透明なOLED(有機ELディスプレイ)の画面の裏側から、赤外線カメラで動きを捉える。また、このシースルースクリーンに対して紙を向けるだけで、その上に書かれているテキストをスキャンすることもできる。動画で、この「見るディスプレイ」が本格的な魔法を実現する様子を見て欲しい。
Scroll Right Scroll Left

 この写真は、Microsoftの応用科学担当ディレクターSteven Bathiche氏が、手を動かしたり、ユーザーが専用に作られた物理オブジェクト(例えばバーコードを刻み込んだ棒)を振ったりすることで、スクリーン上のコンテンツを操作できる、高度に進化したパソコンを紹介しているところだ。同氏は例として、現実世界で棒を振ることで、画面の中の紙に火を付けてみせた。この「Microsoft Surface」の進化版は、平面の2D表面上ではなく、3D空間で動作する。

 この「見るディスプレイ」は透明なOLED(有機ELディスプレイ)の画面の裏側から、赤外線カメラで動きを捉える。また、このシースルースクリーンに対して紙を向けるだけで、その上に書かれているテキストをスキャンすることもできる。動画で、この「見るディスプレイ」が本格的な魔法を実現する様子を見て欲しい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]