logo

「Google Reader」のサービス終了をどう考える?

2013年3月14日 19時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Googleは3月13日、RSSリーダー「Google Reader」の提供を7月1日に終了すると発表しました。ここ数年で同サービスの利用者が減少していること、また今後は他の製品へ注力していくことを、その理由として挙げています。


 近年ではTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアが急成長していることも要因の1つとして考えられますが、RSSリーダーの最大手ともいえるGoogle Readerのサービス終了をパネリストの皆さんはどのように考えますか。


 またGoogle Readerの提供終了を知り、既存ユーザーの多くが代替サービスへの移行に悩んでいます。Google Readerに代わるお勧めのサービスがあれば教えて下さい。他のRSSリーダーでもウェブサービスでも結構です。


  • 山本章悟
    山本章悟さん (株式会社オムニバス代表取締役)
    第一に感じるのは本当に僕たちのインターネットライフはGoogleに依存しているなあという点ですね。企業はもちろん営利団体ですので、収益が上がらないビジネス領域からの撤退は独自判断でするのがあたりまえなのですが、Googleがそれをすることによる影響を鑑みた気がします。

    BtoC領域以外にも話を発展させると、Googleの影響度、依存度の高さでいうと広告ビジネスなんかは最たる例です。去年Googleが検索のロジックの変更によりSEO業者に大きな影響が出たという話は記憶に新しいですが、検索領域以外でも広告ビジネスの領域で、Googleなしには成り立たない業界、企業が増えてきているわけで、Googleの決定というのは、政府機関にも劣らないような破壊力を今後持っていくのではないでしょうか。
    2013-03-14 18:24:37
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集