「Google Reader」のサービス終了をどう考える?

2013年3月14日 19時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Googleは3月13日、RSSリーダー「Google Reader」の提供を7月1日に終了すると発表しました。ここ数年で同サービスの利用者が減少していること、また今後は他の製品へ注力していくことを、その理由として挙げています。


 近年ではTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアが急成長していることも要因の1つとして考えられますが、RSSリーダーの最大手ともいえるGoogle Readerのサービス終了をパネリストの皆さんはどのように考えますか。


 またGoogle Readerの提供終了を知り、既存ユーザーの多くが代替サービスへの移行に悩んでいます。Google Readerに代わるお勧めのサービスがあれば教えて下さい。他のRSSリーダーでもウェブサービスでも結構です。


  • 小川浩(@ogawakazuhiro)
    小川浩(@ogawakazuhiro)さん (株式会社リボルバー CEO)
    Googleリーダーに先駆けて日本初の本格的フィードリーダーを開発してきた僕からすれば、これは残念な結果ですね。しかし、実際にはRSSという規格が負けただけであり、インターネットがFeed的な状態になっていることは間違いありません。TwitterにしてもGoogle+やFacebookにしても、実にFeed的なサービスです。事実、Facebookも、友達のフィードを読むツール(FriendFeed 買収)ですしね。

    僕がフィードパスでイメージしていたサービスは、ある意味Twitterに非常に近かった。逆にいえば、TwitterやFacebookと、スマホによるアプリベースのネット構造の前にRSSは負けた、ということでしょうね。
    2013-03-15 14:22:59
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加