「Google Reader」のサービス終了をどう考える?

2013年3月14日 19時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Googleは3月13日、RSSリーダー「Google Reader」の提供を7月1日に終了すると発表しました。ここ数年で同サービスの利用者が減少していること、また今後は他の製品へ注力していくことを、その理由として挙げています。


 近年ではTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアが急成長していることも要因の1つとして考えられますが、RSSリーダーの最大手ともいえるGoogle Readerのサービス終了をパネリストの皆さんはどのように考えますか。


 またGoogle Readerの提供終了を知り、既存ユーザーの多くが代替サービスへの移行に悩んでいます。Google Readerに代わるお勧めのサービスがあれば教えて下さい。他のRSSリーダーでもウェブサービスでも結構です。


  • 村井亮
    村井亮さん (ビートコミュニケーション代表取締役社長)
    多くのサービスが終焉を遂げるこの時代はひとつの混沌期とも転換期とも捉えられる。ライフスタイルの変化やテクノロジーの変遷は誰にも止められない。シフト(変化)は新聞、雑誌などのメディア業界、電話業界、金融業界などに限らずインターネット業界でも常日頃から起きている。そして今回のこの発表はGoogleが彼等の目標を社内でより明確にし、今後の戦略上、「Google Reader」が他と比べ、そこまで重要ではないと判断されたと捉えることができる。
    2013-03-14 18:01:06
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加