絶好調ニコニコ動画、その魅力とビジネス価値は?

2007年10月15日 15時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコニコ動画の勢いが止まりません。サービス開始から約10カ月で、登録会員数は342万人、1日の平均アクセス数は約5500万PV、ユニーク訪問者数は120万人にのぼり、ネットレイティングスの調査によれば、平均利用時間はYouTubeの3倍とのことです。ここまで人気を集めるニコニコ動画の魅力はどこにあるのでしょうか。また運営会社のドワンゴは11日に開いた会見で、「2008年9月期には単月黒字化する」と明言していますが、ビジネス面でも成功を手にすることができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • 河野武
    河野武さん (コミュニケーション・デザイナー)
    単純にサイト設計、サイトの演出としてうまいなあと思ったのは数字(データ)をたくさん出しているところですね。
    ニコニコ動画では、動画の再生回数やコメント数だけでなく、ニコニコ市場の購入者やクリック数なども出していますよね。全体の統計も、個別の数字も、とにかく出せる数字(データ)は全部出すという方針は人の興味をソソるいい演出だなと感心しました。

    あと、最近AISASなんて言葉もちょくちょく使われるようになってますが、「シェア(Share)」というのは単純にデータを共有することではなくて、感想とか思いとかを共有することに意味があるんだってことをあらためて学ばせてもらいました。
    CGMとかWeb2.0とかほんとうにどうでもいいバズワードを使って煽っている人たちがいますが、素人がデータをあちら側にシェアしたところでおもしろくもなんともないのです。

    なのでサイトとしてはすごく評価しています。

    ビジネスとしてはコストの部分がわからないのでなんとも言えないのですが、希望としてはアフィリエイト以外の手段で収益化を実現してもらいたいです。
    日本に限った話じゃありませんが、AdSenseとアフィリエイトから独立したサイトやサービスが登場することを期待しています。
    2007-10-16 11:34:50
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加