logo

日本語版登場でどうなるSecond Life?

2007年7月30日 13時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、Second Lifeの日本語版がようやく登場しました。一般的なインターネットユーザーの間で流行るのか、ビジネスチャンスはあるのか--これまで賛否両論が飛び交いつつも、「日本語が登場すれば良くも悪くもはっきりするのでは…」と言われてきたSecond Life。皆さんはどのように利用していますか。また、日本語版という環境が整ったSecond Lifeの今後をどのように見ていますか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。


  • コグレマサト
    コグレマサトさん (ブロガー、コンサルタント)
    3月くらいに知人から誘われてセカンドライフにログインしまくりました。複数人が集合して遊んぶのがとても楽しかったのです。土地も買ってみました(後日、消えました)。ただ、一人になると途端に何をしていいか分からなくなってしまうのと、時間がかかるので最近は遠ざかってしまっています。

    ある意味では自分で目的を作り出せないと楽しめないですから、もともと爆発するようなサービスでもなかったと思います。日本語版がリリースされましたけど、だからアクティブユーザが急増するということもないのかな、と思います。

    しかし、セカンドライフはそれで良くて、じわりじわりとその世界に魅了された人たちが、軸足を移していく場所なんではないでしょうか。
    2007-07-27 14:22:12
CNET Japan オンラインパネルディスカッション

CNET Japan オンラインパネルディスカッションの記事一覧はこちら

-PR-企画特集