オンライン商談「ベルフェイス」が2位に--2020年2月の資金調達・時価総額ランキング

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォースタートアップスは3月11日、成長産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB」において、2020年1月から2月までを対象とした「国内スタートアップ資金調達額ランキング」を発表した。

キャプション

 それによると、2位にランクインしたのは、営業に特化したウェブ会議システムを手がけるベルフェイス。第三者割当増資と数社からのデットファイナンスを合わせ、総額52億円の資金調達に成功している。今回の調達では2019年7月の「SmartHR」に続き、ベルフェイスが2社目の出資となる「THE FUND」運営のシニフィアンがリードを務めている。

 また、グロービス・キャピタル・パートナーズやインキュベイトファンドなど既存投資家6社が追加出資。今回調達した資金のうち、十数億円をマーケティングへ、また少なくとも26億円を“人”に投資するとし、来期300名を目標に人材採用を進めていく予定。

 HR techを活用した人材関連事業を手がけるネオキャリアは、45億円の資金調達を実施した。少子高齢化の進展による労働力不足が社会問題化する中で、労働市場の持続性を保つためにテクノロジーへの投資を推進。グループ全体の事業成長をより強固なものにしていく方針だという。

 2020年に社名を変更した東京工業大学発スタートアップのXTIAは、INCJ、JUKI、ニコン、双日との資本業務提携による17億円の資金調達を実施。光コム形状測定システムの開発・製造・販売と、それらを応用したスマートファクトリー推進事業を行っているXTIAは、提携先各社が得意とする分野で光コム技術の活用を進め、現在採用が進んでいる製造業界だけでなく、医療向けの光源など幅広い分野における応用を目指す。

ビズリーチが「ビジョナル」を新設

 フォースタートアップスでは、3月2日時点での「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」も発表している。同ランキングは、一部融資や社債での資金調達が含まれ、関連会社からの資金調達は除外されている。また、INCJ主導で設立した企業も除外されている。

 
 

 これまでビズリーチがランキングに入っていたが、グループ経営を支えるホールディングカンパニーとしてビジョナルを新設。ビズリーチはビジョナルの完全子会社となり、代わって今月よりビジョナルがランクインした。

 同時に、新設分割を用いて、ビズリーチ内の新規事業開発を担う組織であるインキュベーションカンパニーをビジョナル・インキュベーションとして分社化。ビジョナルの完全子会社となっている。

 今回のランキングでは、そのほかトップ20位に変動はなかった。

【編集部注:2020年3月11日18時】当初、記事タイトルにて「2019年」と記載していましたが、こちらは「2020年」の誤りです。訂正してお詫びいたします。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]