logo

グーグルの「Play Pass」サブスクリプションサービスが間もなく登場?

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年09月10日 11時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは「Play Pass」の門戸を開く準備をしているようだ。この謎に満ちているサービスは、「Google Play」ストアの「Android」アプリとゲーム向けのサブスクリプションサービスである可能性がある。このサービスについての最初のヒントが示されたのは2018年だが、ライバルとなるゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」が発表され、状況は勢いづきそうだ。

Google Play Store
提供:Xiomara Blanco/CNET

 「そろそろ時間だ。Google Play Passがまもなく登場する」と、Googleは米国時間9月9日にツイートした。このツイートには入場券あるいはくじ引き券のようなGIF画像も含まれている。

 このツイートが投稿されるおよそ1カ月前、Android PoliceがGoogleはすでにこのサービスをテストしており、月額4.99ドル(約540円)になる可能性があると報じた。この報道によると、「Stardew Valley」「Marvel Pinball」などのゲームがこのサブスクリプションに含まれるという。

 Appleは3月、独自のクレジットカード「Apple Card」のほか、「Apple TV+」「Apple News+」などとともにApple Arcadeを発表した。「App Store」の拡張となるApple Arcadeは、同社が厳選した100タイトルを超える新作ゲームを楽しめるサービスで、今秋より150以上の国で提供される予定だ。

 Appleはこのサービスの価格を明らかにしていないが、10日に開催されるイベントで詳細が発表されるかもしれない。

 Googleの広報担当者はPlay Passについてのコメントを控えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]