アマゾン、Facebook、グーグルがしのぎを削るスマートディスプレイ製品の数々--写真でチェック - 8/14

Andrew Gebhart (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年07月13日 08時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 サードパーティーのスマートディスプレイで様子をうかがった後、Googleは2018年10月、独自のスマートディスプレイ「Google Nest Hub」(旧「Google Home Hub」)を発表した。7インチのディスプレイを備えたNest Hubは、カメラを搭載していないためプライバシーが気になる消費者にとって嬉しい製品かもしれない。


 Nest Hubはタッチスクリーンの上端から下にスワイプして、スマート家電の操作パネルにアクセスする。また、室内の明るさに応じて画面の光と色を自動調整する「アンビエントEQ」光センサーも搭載している。この機能を利用すれば、家族写真のスライドショーをそれぞれの部屋の明るさに合うかたちで楽しむことができる。
Scroll Right Scroll Left

 サードパーティーのスマートディスプレイで様子をうかがった後、Googleは2018年10月、独自のスマートディスプレイ「Google Nest Hub」(旧「Google Home Hub」)を発表した。7インチのディスプレイを備えたNest Hubは、カメラを搭載していないためプライバシーが気になる消費者にとって嬉しい製品かもしれない。


 Nest Hubはタッチスクリーンの上端から下にスワイプして、スマート家電の操作パネルにアクセスする。また、室内の明るさに応じて画面の光と色を自動調整する「アンビエントEQ」光センサーも搭載している。この機能を利用すれば、家族写真のスライドショーをそれぞれの部屋の明るさに合うかたちで楽しむことができる。

提供:Angela Lang/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]