logo

Facebookが悪質広告に対策--ユーザーによる評価が可能に

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年06月13日 08時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これは朗報だ。ユーザーがFacebook上の広告を評価できるようになった。

 Facebookは、不正確な情報を含む広告を特定することを目的とした新しいツールを導入した。ユーザーは米国時間6月12日から、商品を購入したことのある業者を評価し、広告で宣伝されていた商品が期待どおりだったかどうかをFacebookに伝えることができる。

提供:Alfred Ng/CNET
提供:Alfred Ng/CNET

 「Facebookの広告主から商品を購入したユーザーの意見を聞いたところ、最大の不満として、広告に記されている出荷予定日が不正確であることと、商品情報に偽りがあることの2点が挙げられた」と同社はブログ記事で述べた。

 このツールは、基本的には評価システムだ。ユーザーは、「Ads Activity」タブをクリックして「Leave Feedback」ボタンを選択することにより、広告を評価することができる。簡単なアンケートによって、ユーザーの体験に関する情報が収集される。Facebookはこの情報を利用して、品質が低かったり詐欺であったりする可能性のある広告を特定する。

 同社は、苦情の多かった広告主に警告する。改善されない場合は、その広告主が掲載できる広告の量を減らすか、その広告主による利用を完全に禁止するという。

 「ユーザーを第一とし、Facebook上の広告の改善に常に努めている」と、Facebookの製品マーケティングディレクターを務めるSarah Epps氏は電子メールによる声明で述べた。「そこで、ユーザーが当社に直接通知するための新しいツールを導入し、改善が必要な業者にフィードバックを提供することにした」(Epps氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]