logo

グーグル、パーソナライズ広告表示のための「Gmail」のスキャン停止へ

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 編集部2017年06月26日 08時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間6月23日、コンシューマー版「Gmail」メッセージの内容に基づいてパーソナライズ広告を提供することを年内にやめると発表した。

 「G Suite」のビジネス版Gmailと同様に、コンシューマー版Gmailの内容を広告用に使用またはスキャンすることをやめるという。

 Google Cloud担当シニアバイスプレジデントのDiane Greene氏は、「G Suiteの顧客と、無料のコンシューマー版Gmailを使用するユーザーは、Googleがプライバシーとセキュリティを最優先に考えて革新を続けていくと確信できる」とブログに記した。

 これによって、製品全体にわたる広告のパーソナライズに関するGoogleの方針が、より一貫したものとなる。ほかのGoogle製品では、ユーザーの設定に基づいてパーソナライズ広告が作成されている。ユーザーはこの設定をいつでも変更可能で、広告のパーソナライズを無効にすることができる。

 Googleは過去に電子メールの取り扱いを巡って法的な問題に直面した。2014年にはサービス規約を更新し、パーソナライズ広告を提供するために電子メールをスキャンしていることを明示的に記載していた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集