電通とKaizen Platform、Facebook動画広告のクリエイティブを改善する「P動CA」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通と子会社の電通デジタルは6月22日、ウェブサービスのUI改善を効率的に実現する「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platformと提携し、Facebook動画広告のクリエイティブを改善するソリューション「P動CA(ピー・ドウ・シー・エー)」(英語名「Quick Video」)を提供すると発表した。

 P動CAでは、Facebook動画広告のクリエイティブ制作と運用を簡単、安価、スピーディに改善し、広告のパフォーマンスを最大化できるとしている。具体的には、電通デジタルの「アドバンストクリエーティブセンター」が設定した訴求軸に基づき、Kaizen Platformの認定クリエイターに動画広告の制作や改善を依頼。短期間でさまざまな広告クリエイティブを制作し、配信する仕組みを構築している。

 また、掲載中の各広告のパフォーマンスを速やかに分析し、効果の下がってきた広告クリエイティブをローテーションさせて、パフォーマンスを向上させるための迅速な対応が可能になるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加