logo

Facebookを利用する女子高生はわずか1割--MMD研究所が調査 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 他人のスマートフォンや携帯電話をこっそり見た経験について聞いたところ、「こっそり見たことがある」と回答した人で最も多かった世代は、既婚女性で36.8%、次いで女子高生が36.0%、女子大生が34.2%、独身女性が28.8%となった。

他人のスマートフォンをこっそり見た経験
他人のスマートフォンをこっそり見た経験

 さらに、こっそり見たことがあると回答した人を対象に、こっそり見た相手を聞いたところ、各世代で最も多かった回答は、女子高生が「親」で51.7%、女子大生が「兄弟・姉妹」で35.5%、独身女性が「恋人」で70.0%、既婚女性は「配偶者/恋人」で81.2%となった。

スマートフォンをこっそり見た相手
スマートフォンをこっそり見た相手

 続いて、見られたくないのに見られた経験について聞いたところ、「経験がある」と回答したのが最も多い世代は女子高生で42.7%、次いで女子大生で34.5%、独身女性では27.2%、既婚女性では25.1%となった。

見られたくないのにスマートフォンを見られた経験
見られたくないのにスマートフォンを見られた経験

 見られたくないのに見られたことがあると回答した人を対象に、見られた相手を聞いたところ、女子高生と女子大生は「友達」でそれぞれ64.3%と51.4%。独身女性は53.1%が「恋人」、既婚女性は69.5%が「配偶者/恋人」となった。

スマートフォンを見られた相手
スマートフォンを見られた相手

 スマートフォンを使用していて経験したことを聞いたところ、どの属性も「迷惑メールの受信」が最も多く7割を超えた。また、「詐欺メールの受信」においては全属性3割以上が経験あると回答している。「ワンクリック詐欺画面の出現」では女子高生の17.7%、女子大生の15.3%が経験しており、独身女性の8.4%や既婚女性の5.0%と差がでる結果となった。

スマートフォンを使っていて経験したこと
スマートフォンを使っていて経験したこと

 また、「詐欺メール」「詐欺LINE」「詐欺電話」「ワンクリック詐欺画面の出現」「意図しないサイトへの有料登録」の経験がある人に支払いの有無に関わらず、実際に請求があった最高金額をフリー回答形式で回答してもらったところ、女子高生の請求額の中央値は12万円、女子大生は10万円、独身女性は8万円、既婚女性も8万円となった。

 スマートフォンを使用していて驚いたこと、怖かったことを自由に回答してもらったところ、女子高生では「ワンクリック詐欺にあい、アダルトサイトを見ていることがバレそうになった」「ワンクリック詐欺でシャッター音があった」。女子大生では「有名なサイトを装った請求メールが来たこと」。独身女性では「LINE乗っ取り」「アダルトサイト閲覧の請求SMSがきた」。既婚女性では「位置情報の特定」などの回答があった。

 スマートフォンのセキュリティに対する不安について聞いたところ、最も多かった回答は「ウィルス感染」となった。また、女子高生と女子大生は「電話帳などの個人情報の漏えい」、独身女性と既婚女性は「クレジットカードなどの決済情報の漏えい」が2位となった。


スマートフォンのセキュリティに対する不安

 スマートフォンのセキュリティ対策として、何かしているかを聞いたところ、全属性で「特に何もしていない」が最も多い結果となった。対策していることでは、女子高生、女子大生、独身女性は「携帯会社がオプションとして提供しているセキュリティサービスへの加入」が最も多く、既婚女性は「スマートフォンの中で設定できる制限機能の利用」が最も多かった。

スマーフォンセキュリティへの対策
スマーフォンセキュリティへの対策

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]