logo

アップルのクック氏やAlphabetのページ氏らIT企業幹部、トランプ次期大統領と会合へ--米報道

Jake Smith (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2016年12月12日 08時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Donald Trump次期米大統領が米国時間12月14日に開催する技術企業との会合に、Alphabet、Apple、Microsoft、Facebookなどの大手技術企業のトップらが参加するようだ。

 Recodeによると、この会合に参加する幹部らの顔ぶれは次のとおり。Alphabet最高経営責任者(CEO)のLarry Page氏、Apple CEOのTim Cook氏、Microsoft CEOのSatya Nadella氏、Facebook最高執行責任者(COO)のSheryl Sandberg氏、Cisco CEOのChuck Robbins氏、IBM CEOのGinni Rommetty氏、Intel CEOのBrian Krzanich氏、Oracle CEOのSafra Catz氏。

 Recodeの匿名情報筋らによると、AmazonのCEOを務めるJeff Bezos氏も参加する可能性が高いという。同氏が保有するThe Washington PostはTrump氏に批判的だった

 OracleのCatz氏はRecode宛ての声明で、「次期大統領とともに歩み、どのような形でも支援すると伝えるつもりだ」と述べた。「彼が税法を改正し、規制を緩和し、より有利に貿易協定をまとめることができれば、米国の技術業界はこれまで以上に力強くなり、競争力を高めることになる」(Catz氏)

 今回の会合の招待状は発送されているという。Trump新政権移行チームの一員でPayPalの共同創業者であるPeter Thiel氏も会合に関与するようだ。会合はニューヨーク市のトランプタワーで開かれる予定だ。

 会合の詳細は不明だが、Trump政権移行チームが、技術業界の今後4年間に関して公開討論を行う機会となりそうだ。


提供:file photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集