忘年会シーズンはスマホを紛失する人が多い--エムオーテックス調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エムオーテックス12月3日、2014年10月に発足した「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」の一環として実施した「スマートデバイスの紛失実態調査」の結果を発表した。

 同調査は、スマートフォンやタブレット端末、フィーチャーフォンといった「スマートデバイスの紛失」をテーマに設定して行われたもの。調査期間は、2015年11月7日~9日。調査対象は、首都圏に勤務する20~40代男女ビジネスパーソン300人。なお、調査対象は「会社からスマートデバイスを支給されている」かつ「業務用もしくはプライベート用スマートデバイスの紛失経験がある」という条件がある。

 さらに、年末年始に増加する飲酒に伴うスマートデバイスの紛失に関する実態を明らかにすべく、全国の飲食店に勤務する店長100人を対象にした調査も合わせて実施した。

 「業務用とプライベート用スマートデバイス、それぞれについて1日の利用時間をご記入ください」という問いには、業務用が平均4.37時間、プライベート用が平均3.76時間という結果になった。その差は36.6分となり、業務用スマートデバイスに触れる時間の方が長かった。


 「プライベート用スマートデバイスに業務に関係する情報は入っていますか」という問いには、該当する情報が入っていると70.0%が回答(業務に関係する情報が「入っている」、「たぶん入っている」と回答した210人)。さらに該当する人に「その情報は機密情報にあたりますか」と質問したところ、情報の65.7%が、機密情報(顧客名簿、企画書、営業計画書、設計図データ、製造データなど)に該当することがわかった。


 「業務用スマートデバイスに業務とは関係のないアプリをインストールしたことはありますか」という問いには、61.7%がインストールしていると答え、「休日に、業務用スマートデバイスを所持して外出することはありますか」という問いには、75.7%が所持して外出していることがわかった。


 「スマートデバイスを忘れたり失くしたりした時間帯として最も多いものを教えてください」という問いでは、「平日(業務時間内)」が41.0%と最も多く、「平日(業務時間外)」の40.7%、「休日」の18.3%と続いた。


 「スマートデバイスを忘れてきたのは、以下のどの場所でしたか」という問いには、業務用・プライベート用ともに「居酒屋やレストランなど飲食店」が最も多く、次いで業務用・プライベート用ともに「お店やショッピングセンター」、「電車」が上位に挙がった。


 スマートデバイスを忘れたり失くしたりした経験のある人(業務用177人、プライベート用189人)を対象に「飲酒時にスマートデバイスを忘れたり失くしたことはありますか」と質問すると、業務用では66.7%(118人)と3人に2人が、プライベート用では56.1%(106人)と2人に1人が、経験があるという結果になった。業務用・プライベート用ともに半数以上が、飲酒時に紛失していることになる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加