logo

「Windows 10」向けブラウザ対決--「Edge」「IE」「Chrome」を比較 - (page 2)

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年08月12日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 われわれの結論としては、Edgeは生まれたばかりのブラウザにしては良好な性能と言える。そのことは、前述のベンチマークのスコアでも、また米CNETでの実践利用でも裏付けられている。Chromeは依然として、われわれが実施したテストの半数以上で最高のパフォーマンスを記録したが、バッテリ持続時間のスコアを考えると、そのメリットも相殺されてしまうかもしれない(ただし、バッテリ持続時間についてはまだテストを継続中だ)。一方、悪評の尽きないブラウザInternet Explorerは、ほとんどのテストでほぼ同率の2位、あるいは大きく引き離されて第3位だった。

Futuremark Peacekeeper

Dell XPS 13
2,357
2,444
3,798
Microsoft Surface 3
818
819
1,455

凡例:

Microsoft Internet Explorer
Microsoft Edge
Google Chrome
注: 数値が大きいほど高パフォーマンス。

Jetstream

Dell XPS 13
95.3
154.8
135.9
Microsoft Surface 3
34.1
53.4
52.2

凡例:

Microsoft Internet Explorer
Microsoft Edge
Google Chrome
注: 数値が大きいほど高パフォーマンス。

Google Octane

Dell XPS 13
12,190
23,664
24,153
Microsoft Surface 3
4,669
8,790
8,178

凡例:

Microsoft Internet Explorer
Microsoft Edge
Google Chrome
注: 数値が大きいほど高パフォーマンス。

 Windows 10は登場からまだ間がないので、今回の初期ベンチマークと実機テストを参考に、試しにEdgeをメインブラウザとして使ってみて、その速度や互換性が自分に合うかどうか確かめてみるといいだろう。Chromeは、古さを見せはじめてはいるものの、やはり有力な選択肢だ。IE(今でもWindows 10に組み込まれている)は主に、企業のイントラネットやツールなど、プロプライエタリウェブサイトのために残しておくべきだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]