logo

博報堂、TVCM効果測定もできるアプリデータ解析ツールを開発--メタップスと共同で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 博報堂は5月25日、メタップスとアプリ向けの統合マーケティング分野において協業契約を締結したと発表した。

 今回の協業契約により、博報堂DYグループのマーケティングダッシュボードである「Vision-Graphics」の機能と、メタップスが提供している、アプリの集客・分析・収益化をワンストップで支援する開発者向けプラットフォーム「Metaps Analytics」の機能を掛け合わせ、スマートフォンアプリのデータ解析ツール「Vision-Graphics for Apps powered by Metaps」を共同で開発した。

 Vision-Graphics for Apps powered by Metapsは、テレビCMとアプリダウンロードやアプリ内アクティビティの相関をタイムリーに追跡し、広告効果を可視化できるというもの。今夏頃よりクライアント企業へ向けて提供する予定であり、ダウンロードの流入経路としてテレビCMが有効か否かの見立てやネット集客、コンバージョンまでを統合的に管理・分析できるという。


Vision-Graphics for Apps powered by Metapsの概要

 また博報堂は、博報堂DYメディアパートナーズと連携したスタートアップ系企業のマーケティング、成長支援を行う「Startup Growth Team」により、メタップスと共に国内外でのアプリの総合マーケティングキャンペーンを推進。さらに、中長期的には、人工知能による予測モデルの開発における研究についても協業していく予定だとしている。

-PR-企画特集