Adobe Summit 2015

アドビとアクセンチュアがデジタルマーケ分野で提携拡大

別井貴志 (編集部)2015年03月11日 22時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeは米国時間3月10日、デジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Summit 2015」において、デジタルマーケティングの開発から、実行、測定を簡素化するクラウドベースのマネージドサービスである「Accenture Customer Engagement」の提供を通じて提携内容の拡大を発表した。

 Accenture Customer Engagementは、「Adobe Marketing Cloud」ソリューションを包含した、「Accenture Interactive」のデジタルマーケティングサービスを備える。両社のサービスと、それぞれのベースとなるソリューションの運営はアクセンチュアによって行われるため、マーケターはテクノロジーとサービスの統合やカスタマイズをする必要がないという。

 Accenture Customer Engagementを通じて提供されるAccenture Interactiveのデジタルマーケティングサービスは、カスタマーエクスペリエンスやデザイン、デジタルコンテンツサービス、デジタルアナリティクス、パーソナライゼーション、メディア最適化、ソーシャルメディア、コラボレーション、キャンペーン管理がある。

 これらのサービスは、分析やパーソナライゼーション、広告投資の最適化、ソーシャルマーケティング、ウェブコンテンツ管理、クロスチャネルキャンペーンマネジメントなど統合型ソリューションで構成されたAdobe Marketing Cloud上で提供される。Adobe Marketing Cloudの各ソリューションは、Accenture Interactiveを通じて提供されるため、デジタルマーケティングに関わるすべてのニーズを1つの窓口を通じて運営できるようになる。

 Accenture Digitalの一部であるAccenture InteractiveのシニアマネージングディレクターであるBrian Whipple(ブライアン・ウィップル)氏は、「消費者へのパーソナライズされたデジタルエクスペリエンスの提供を望む企業は、テクノロジーやソリューションの統合に労力を割くことなく、アドビとアクセンチュアのノウハウと経験を活用できるようになる。アドビのマーケティングテクノロジーとアクセンチュアの戦略、設計、および実装に関する専門性を組み合せることにより、マーケターは簡素化され、迅速、かつ費用対効果に優れた手法で、顧客体験を創出できる」とコメントしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加