logo

インテルの超小型開発ボード「Edison」を活用したロボットやドローン--写真で見る - 8/9

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年10月20日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Cansat
 このロケットに搭載可能な缶サイズのセンサの集合体を見ても分かるように、高高度でのデータ収集はますます低価格になってきている。

 この「Cansat」には、HDカメラ、磁気計、湿度および気温センサ、GPS、加速度計、気圧計やその他のセンサが搭載され、Edisonの基板で収集されたデータを整理している。

 このセンサ缶は、STEM教育を推進するグループであるMagnitude.ioとIntelが作ったもので、ネバダ州のブラックロック砂漠から発射されたMクラスロケットに搭載され、地表の1万フィート(約3km)上空を飛行した。

 搭載されたセンサは、ロケットの無線アンテナを通じて、飛行中に収集したデータをMagnitude.ioが運用するサーバに送信し、そのサーバを通じて、同グループのウェブサイトでリアルタイムでデータを見ることができた。
Scroll Right Scroll Left

Cansat
 このロケットに搭載可能な缶サイズのセンサの集合体を見ても分かるように、高高度でのデータ収集はますます低価格になってきている。

 この「Cansat」には、HDカメラ、磁気計、湿度および気温センサ、GPS、加速度計、気圧計やその他のセンサが搭載され、Edisonの基板で収集されたデータを整理している。

 このセンサ缶は、STEM教育を推進するグループであるMagnitude.ioとIntelが作ったもので、ネバダ州のブラックロック砂漠から発射されたMクラスロケットに搭載され、地表の1万フィート(約3km)上空を飛行した。

 搭載されたセンサは、ロケットの無線アンテナを通じて、飛行中に収集したデータをMagnitude.ioが運用するサーバに送信し、そのサーバを通じて、同グループのウェブサイトでリアルタイムでデータを見ることができた。

提供:Nick Heath / TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]