logo

インテルの超小型開発ボード「Edison」を活用したロボットやドローン--写真で見る - 7/9

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年10月20日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手話翻訳
 このブレスレットは中国にあるIntel Labsで作られたもので、手話を認識して翻訳する。

 Edisonはどの手話が使われたかを認識し、接続されたコンピュータの画面にその翻訳を表示することができる。

 ブレスレットが手話を検知するには、加速度計と筋細胞の電気信号を捉える筋電図センサが使用される。

 現状では、もっともよく使われる15パターンの手話を翻訳することができる。
Scroll Right Scroll Left

手話翻訳
 このブレスレットは中国にあるIntel Labsで作られたもので、手話を認識して翻訳する。

 Edisonはどの手話が使われたかを認識し、接続されたコンピュータの画面にその翻訳を表示することができる。

 ブレスレットが手話を検知するには、加速度計と筋細胞の電気信号を捉える筋電図センサが使用される。

 現状では、もっともよく使われる15パターンの手話を翻訳することができる。

提供:Nick Heath / TechRepublic

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]