logo

インテルの超小型開発ボード「Edison」を活用したロボットやドローン--写真で見る - 6/9

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年10月20日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 この3Dプリントされた、コンピュータ制御の虫のように動くロボットは、誘導のためにEdisonを搭載している。

 これはもともと、この写真のMatt Bunting氏が、アリゾナ大学の学部生だったときに開発したものだ。

 この六角形のポッドは、コンピュータによる視覚と機械学習によって経路を決める。IDFで行われたショーでは、無線版と有線版の両方が登場した。

 現在の目標は、さまざまな地形でこのロボットの動作をテストすることだ。
Scroll Right Scroll Left

 この3Dプリントされた、コンピュータ制御の虫のように動くロボットは、誘導のためにEdisonを搭載している。

 これはもともと、この写真のMatt Bunting氏が、アリゾナ大学の学部生だったときに開発したものだ。

 この六角形のポッドは、コンピュータによる視覚と機械学習によって経路を決める。IDFで行われたショーでは、無線版と有線版の両方が登場した。

 現在の目標は、さまざまな地形でこのロボットの動作をテストすることだ。

提供:Intel

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]