logo
CEATEC JAPAN 2014

最先端ディスプレイからクリーンルーム栽培野菜まで--CEATECで見つけた最新テクノロジ - 4/13

加納恵 (編集部)2014年10月08日 13時54分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 富士通の3D立体視ディスプレイ「zSpace」は、3Dプロジェクタを使って3Dデータを立体的に表示できるシステムだ。3D CADなどを再生でき、3D化することで、この隙間に手がきちんと入るかなど、製品の形状が理解できるという。すでに富士通社内では使用しており、2014年度中の販売開始を目指す。
Scroll Right Scroll Left

 富士通の3D立体視ディスプレイ「zSpace」は、3Dプロジェクタを使って3Dデータを立体的に表示できるシステムだ。3D CADなどを再生でき、3D化することで、この隙間に手がきちんと入るかなど、製品の形状が理解できるという。すでに富士通社内では使用しており、2014年度中の販売開始を目指す。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]