logo
ものづくりを加速させる「3Dプリンタ」

3Dプリント--現在の動きと今後のトレンドを考える

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年07月15日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 3Dプリントが一般的になってきているなか、本記事ではIT分野を席巻しそうなトレンドを予測する。

重要特許の期限切れによってイノベーションが加速する

 Bits to Atomsの創業者兼デザイナーであり、Shapewaysの3Dプリント支持者であるDuann Scott氏によると、3Dテクノロジは製造業界に革命をもたらす可能性を秘めているが、あるものに足を引っ張られてきているという。それは特許だ。

 3Dプリントの進歩を阻害し、競合他社に制約を課していたある重要な特許が2014年2月に期限切れになったとScott氏は述べている。この選択的レーザー焼結(SLS)という名前で知られているテクノロジは、3Dプリントに利用可能な低コストの、かつ少量生産に向いた製造プロセスである。

 完成品として売れる製品の製造テクノロジとして見た場合、3Dプリント分野におけるSLSの重要性は言葉では言い尽くせない。それだけではなく、少量でも製造できるという能力により、自らで3Dプリンタを購入できない人たちのために製造を請け負うShapewaysのような企業が生み出されたのだ。
Scroll Right Scroll Left

 3Dプリントが一般的になってきているなか、本記事ではIT分野を席巻しそうなトレンドを予測する。

重要特許の期限切れによってイノベーションが加速する

 Bits to Atomsの創業者兼デザイナーであり、Shapewaysの3Dプリント支持者であるDuann Scott氏によると、3Dテクノロジは製造業界に革命をもたらす可能性を秘めているが、あるものに足を引っ張られてきているという。それは特許だ。

 3Dプリントの進歩を阻害し、競合他社に制約を課していたある重要な特許が2014年2月に期限切れになったとScott氏は述べている。この選択的レーザー焼結(SLS)という名前で知られているテクノロジは、3Dプリントに利用可能な低コストの、かつ少量生産に向いた製造プロセスである。

 完成品として売れる製品の製造テクノロジとして見た場合、3Dプリント分野におけるSLSの重要性は言葉では言い尽くせない。それだけではなく、少量でも製造できるという能力により、自らで3Dプリンタを購入できない人たちのために製造を請け負うShapewaysのような企業が生み出されたのだ。

提供:Quartz

-PR-企画特集