logo
ものづくりを加速させる「3Dプリンタ」

3Dプリント--現在の動きと今後のトレンドを考える - 3/6

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年07月15日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3Dプリントの本格的なアプリストアが登場する

 Shapewaysは3Dプリントされた製品を、そしてMakerBotは3Dプリント用の設計図を扱うデジタルストアをそれぞれ既にオープンしている。他社もその流れに乗ってくる可能性はあるだろう。ただし、現在のところはまだ完全に軌道に乗っていない。

 こうしたビジネスは、向こう数年のうちにさらに増えてくると予想される。従来のプリンタは、コンピュータに接続するだけで文書をプリントできるが、3Dプリンタはコアテクノロジとソフトウェアに対する依存がより大きいため、3Dモデリングを支援するアプリがAppleの「App Store」や、「Google Play」「Windows Store」からいくつか登場してきてもいる。

 このため、同テクノロジがコンシューマー領域で開花するにつれて、専用のアプリストアが登場し、3Dのデータファイルや設計図が数多く公開されるようにもなるだろう。
Scroll Right Scroll Left

3Dプリントの本格的なアプリストアが登場する

 Shapewaysは3Dプリントされた製品を、そしてMakerBotは3Dプリント用の設計図を扱うデジタルストアをそれぞれ既にオープンしている。他社もその流れに乗ってくる可能性はあるだろう。ただし、現在のところはまだ完全に軌道に乗っていない。

 こうしたビジネスは、向こう数年のうちにさらに増えてくると予想される。従来のプリンタは、コンピュータに接続するだけで文書をプリントできるが、3Dプリンタはコアテクノロジとソフトウェアに対する依存がより大きいため、3Dモデリングを支援するアプリがAppleの「App Store」や、「Google Play」「Windows Store」からいくつか登場してきてもいる。

 このため、同テクノロジがコンシューマー領域で開花するにつれて、専用のアプリストアが登場し、3Dのデータファイルや設計図が数多く公開されるようにもなるだろう。

提供:Emerging Tech

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]