logo
ものづくりを加速させる「3Dプリンタ」

3Dプリント--現在の動きと今後のトレンドを考える - 6/6

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2014年07月15日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大企業が参入する

 こういった動きすべてから、Hewlett-Packard(HP)やStratasys、エプソンといったおなじみの会社も食指を動かしている点を見た場合、他の会社が参入してきても驚くほどの話ではない。

 AppleやIBM、Amazon、Microsoftは3Dプリンタの有効性を見出している可能性がある。製造工程に3Dプリント技術を採用してコストを引き下げ、サプライチェーンの効率を向上させる、あるいは安価な家庭用3Dプリンタを製造するという道を選択するかにかかわらず、大企業は何らかの動きに出てくるはずだ。

 例を挙げると、AmazonであればShapewaysと競合するオンラインストアをオープンし、データファイルから3Dプリントを行う可能性があり、Googleであれば3Dファイルの設計とその共有に向けたプログラムを立ち上げるかもしれない。また、Microsoftは実際に「Windows 8.1」で3Dプリンタをサポートし、ユーザーの制作を支援するためのアプリをリリースしている。
Scroll Right Scroll Left

大企業が参入する

 こういった動きすべてから、Hewlett-Packard(HP)やStratasys、エプソンといったおなじみの会社も食指を動かしている点を見た場合、他の会社が参入してきても驚くほどの話ではない。

 AppleやIBM、Amazon、Microsoftは3Dプリンタの有効性を見出している可能性がある。製造工程に3Dプリント技術を採用してコストを引き下げ、サプライチェーンの効率を向上させる、あるいは安価な家庭用3Dプリンタを製造するという道を選択するかにかかわらず、大企業は何らかの動きに出てくるはずだ。

 例を挙げると、AmazonであればShapewaysと競合するオンラインストアをオープンし、データファイルから3Dプリントを行う可能性があり、Googleであれば3Dファイルの設計とその共有に向けたプログラムを立ち上げるかもしれない。また、Microsoftは実際に「Windows 8.1」で3Dプリンタをサポートし、ユーザーの制作を支援するためのアプリをリリースしている。

提供:Emerging Tech

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]