logo

ノキア製モバイル端末を振り返る--ヒット製品から風変わりなモデルまで - 19/24

Kent German (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年05月02日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Nokia 6820」
2004年発表

 よりサイズが大きい2003年発売の「Nokia 6800」の後継モデルであるNokia 6820には、メッセージ入力用にフリップアウト型の新しいキーボードを搭載していた。それは当時としては非常に格好が良く、筆者も、キーボードを開いたときにディスプレイの向きが変わるところを気に入っていた。本当のフリップアウト型ではなかったものの、同社はほぼ同時期に、「Nokia 2650」や「Nokia 6103」のようなクラムシェル型の生産を始めている。

「Nokia 6820」
2004年発表

 よりサイズが大きい2003年発売の「Nokia 6800」の後継モデルであるNokia 6820には、メッセージ入力用にフリップアウト型の新しいキーボードを搭載していた。それは当時としては非常に格好が良く、筆者も、キーボードを開いたときにディスプレイの向きが変わるところを気に入っていた。本当のフリップアウト型ではなかったものの、同社はほぼ同時期に、「Nokia 2650」や「Nokia 6103」のようなクラムシェル型の生産を始めている。

提供: CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]