logo

「HTC One M8」レビュー--エレガントかつ超高性能な最新主力スマートフォン - (page 3)

Brian Bennett (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2014年04月07日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトウェアおよびインターフェース

 HTC One M8の手札にあるエースは、高級感のあるデザインだけではない。このデバイスは、Googleが提供する最新バージョンである「Android 4.4.2」(開発コード名:「KitKat」)を搭載している。KitKatはよりクリーンで、整理されたレイアウトを持ち、Google検索との統合も緊密で、性能も向上している(特に、スペックが低いデバイスでは顕著に表れる)。Androidの上には、HTCのSense UIの最新版であるバージョン6がかぶせられている(次の項で詳しく説明する)。この種の最新のAndroidに手を入れたスマートフォンに対して期待されるとおり、M8はGoogleのすべての機能にアクセスできる。

 これには、「Gmail」、ソーシャルネットワークの「Google+」、「Chrome」、ファイルストレージサービスの「Google Drive」が含まれる。このスマートフォンでは、「Google Play」を通じて、Googleの膨大なメディアコンテンツにもアクセスできる。これは、同社の電子書籍、映画のレンタルまたは購入、ゲーム、サードパーティー開発会社による100万件以上のアプリが利用できることを意味している。

 未来的な個人通知システムである「Google Now」も、ウィジェットの形式、または画面下部からスワイプして起動する形で利用できる。Google Nowは、過去の検索履歴、時刻、場所のデータに基づいて、自動的に役に立つ助言、提案、使い方の説明などを提供する。これは、スマートウォッチ、衣服や、その他のウェアラブルデバイスのためのOSである「Android Wear」の背景にある原動力だ。

ロック画面のオプションも増えている。
ロック画面のオプションも増えている。
提供:Brian Bennett/CNET

改善されたSenseインターフェース

 HTCは、主力スマートフォンをリリースするたびに、同社独自のSenseインターフェースを新しくしてきたが、HTC One M8もその例外ではない。同社によれば、Senseの最新版であるバージョン6では、Androidのスキンの見た目を整理して、外見を新鮮なものにした。

 Sense 6でも、基本的なレイアウトは変わっていない。コンテンツに応じてカスタマイズできるホーム画面も多数利用でき(Sense 5.5では6枚だったが、今回は5枚になった)、専用アプリのショートカットやウィジェットも用意されている。前バージョンと同様に、一番左のホーム画面は、ニュース集約アプリの「BlinkFeed」が占めており、ありがたいことに、HTCはこのサービスが気に入らなければオフにするオプションも提供している。

 HTCがSenseに施した小さな修正の1つに、主な機能に合わせて色を割り当てる機能がある。そのカラーパレットは、M8の設定メニューで選択したテーマに合わせてコーディネートされている。例えば、ダイアラーやメッセージングの機能には、青いヘッダが付く一方、ギャラリーアプリには、画面上部に紫の帯を付けるということができる。設定には、例えば紫など、強調する時に用いられる特別な色が用意されている。


今回のSense UIは、非常にカラフルになった。
提供:Brian Bennett/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]