logo

世界初の日本語ワープロ、懐かしの「J-3100」--日本初・世界初の電化製品を振り返る - 23/29

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 昭和59年(1984年)、世界初の1MビットDRAMが登場した。東芝のDRAMの歴史は昭和48年、1KビットDRAMからはじまる。その後、4Kビット、16Kビット、256Kビットと開発・生産を行い、その11年後、CMOS技術を取り入れ、世界初の1MビットDRAMの開発に成功した。

 昭和59年(1984年)、世界初の1MビットDRAMが登場した。東芝のDRAMの歴史は昭和48年、1KビットDRAMからはじまる。その後、4Kビット、16Kビット、256Kビットと開発・生産を行い、その11年後、CMOS技術を取り入れ、世界初の1MビットDRAMの開発に成功した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]