logo

タブレット年間出荷台数、2015年までにPCを上回る--IDCが予測

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年09月12日 16時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この数日、タブレットの新製品が数多く発表された。あるデータによると、タブレットの出荷台数は、まもなくPCを上回るという。

 調査会社のIDCは報告書の中で、タブレットの出荷台数は2013年第4四半期に初めてPCを上回り、2015年までに年間出荷台数でもタブレットがPCを上回るだろうと予測している。

 具体的な数字を挙げると、2013年第4四半期、タブレットの出荷台数は8410万台に達するが、PCの出荷台数は8310万台にとどまる見通しだという。2013年通年では、PCの出荷台数は10%減少する見込みだ。

 IDCによると、人々は今後もハイエンドのタブレットを購入し続けるが、近い将来、廉価版モデルが市場を圧倒するという。

提供:IDC
提供:IDC

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集