東急電鉄ら、駅の宣伝ポスターとスマホを連動--今秋にはフリーペーパーとも

坂本純子 (編集部)2013年08月23日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京急行電鉄と東急エージェンシーは8月23日、リコーが開発したクラウドサービス「Clickable Paper」と無料アプリ「RICOH TAMAGO Clicker」を活用し、広告とデジタルコンテンツを連携したサービスを開始した。

 Clickable Paperは、画像認識システムを用いたクラウドサービスで、専用アプリRICOH TAMAGO ClickeriOS版Android版)から対象となる雑誌の誌面やポスターなどの画像を撮影すると、ウェブサイト、電話、地図、動画などが自動的に読み込まれる。

 広告からデジタルコンテンツへの誘導を促進し、アクセス状況などの分析により詳細な効果測定が可能だ。また、商品やブランドのPRに加え、購買への誘導やマーケティングデータの収集なども行えるとしている。

 東急電鉄と東急エージェンシーは、連携させたサービスの第1弾として、東横線・田園都市線渋谷駅でバドミントン国際大会「YONEX OPEN JAPAN 2013」の開催告知を開始した。アプリを起動してカメラで撮影すると、ウェブサイトを通じて大会情報などを確認できる。

 今秋には、東急電鉄が発行する沿線情報のフリーペーパー「SALUS(サルース)」の誌面を活用し、購買サイトまで誘導する広告を予定しているほか、バス停看板やデジタルサイネージへの展開も見据えているという。

 Clickable Paperを使用した駅の広告は、7月にも京王電鉄と京王グループの京王エージェンシー、テレビ東京らが「孤独のグルメ」など人気番組のポスターと連動して行っている。

アプリから広告をスキャンすると情報が得られる
アプリから広告をスキャンすると情報が得られる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加