Twitter、グーグル元幹部を採用か--エンターテインメント分野強化へ

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年08月20日 09時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TwitterがGoogleの元幹部を採用した。エンターテインメント業界に対する訴求力を強化するためである。

 Googleのエンターテインメントおよびメディア広告セールスを統括していたJennifer Prince氏は米国時間8月19日から、Twitterのエンターテインメント業界セールスを統括する。同氏がVarietyに対してこれを認めた。Prince氏は新しい役職において、TVや映画のマーケターに対して、Twitterの追加による広告プログラムの拡大を推進するよう促すことを目的とする広告セールスチームを結成する予定だ。

 Twitterはこれまでにも、エンターテインメント業界に対する訴求を図ってきた。同社はテレビネットワークと提携し、2013年7月には、同社の広告ターゲティング技術を米国のテレビ広告主を対象に開放すると発表した。この動きに伴い、マーケティング担当者はTwitterベースのプロモーションを自社のテレビ広告にリアルタイムに組み込むことができるようになった。

 その発表の直後には、Nielsenが、TV視聴とTwitter利用の間の因果関係を示す調査結果を発表した。この調査により、人気の高い番組ほど視聴者のツイート件数が多く、また、Twitterで話題になるほど番組の視聴率が上がることが明らかになった。

 Prince氏がまず着手しなければならない仕事は、エンターテインメント企業と会うことであると同氏はVarietyに述べた。同氏は、これらの企業が現時点でTwitterをどのように利用しているか、また、「今後どのようにしたいと考えているか」を調査するつもりである。

提供:Screenshot by Jennifer Van Grove/CNET
提供:Screenshot by Jennifer Van Grove/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加