logo

火星着陸から1年が経過した探査機「Curiosity」--これまでの成果を写真で振り返る - 7/19

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月09日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 12月までに、Curiosityは火星で最初に採取した土壌サンプル群の分析を終えた。この写真には、同探査機が探査中にスコップで掘った2つの穴が写っている。NASAは火星の土壌内に複雑な化合物を発見したと述べている。Curiosityのアームが同探査機内の火星サンプル分析装置(SAM)に取り込んだサンプルからは、水や硫黄、塩素などの物質を含む化合物が検出されている。

 12月までに、Curiosityは火星で最初に採取した土壌サンプル群の分析を終えた。この写真には、同探査機が探査中にスコップで掘った2つの穴が写っている。NASAは火星の土壌内に複雑な化合物を発見したと述べている。Curiosityのアームが同探査機内の火星サンプル分析装置(SAM)に取り込んだサンプルからは、水や硫黄、塩素などの物質を含む化合物が検出されている。

提供: NASA/JPL-Caltech/MSSS

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]