logo

火星着陸から1年が経過した探査機「Curiosity」--これまでの成果を写真で振り返る - 10/19

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月09日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2012年11月、一般の人々の間で、CuriosityのSAM装置が土壌サンプルの分析で驚くべき発見をしたという臆測が広まり、大変な騒ぎになった。そのすぐ後、その情報は誤報であったことが判明したが、本当にクールなロボットシャベルスコップと科学実験装置が今でも火星にあることに変わりはないのだから、しかめ面をするのはやめよう。

 2012年11月、一般の人々の間で、CuriosityのSAM装置が土壌サンプルの分析で驚くべき発見をしたという臆測が広まり、大変な騒ぎになった。そのすぐ後、その情報は誤報であったことが判明したが、本当にクールなロボットシャベルスコップと科学実験装置が今でも火星にあることに変わりはないのだから、しかめ面をするのはやめよう。

提供: NASA

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]