火星着陸から1年が経過した探査機「Curiosity」--これまでの成果を写真で振り返る

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月09日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 打ち上げ準備が整った「Curiosity」。2011年後半に打ち上げられ、8カ月以上をかけて火星に到着した同探査機は2012年8月6日(北米の大半の場所では8月5日夜)、ゲイルクレーターに着陸した。Curiosityは火星での最初の1年間に190Gバイト以上のデータと数万枚の写真を地球に送信している。今回のフォトギャラリーでは、火星に着陸した最先端の探査機兼移動式科学実験装置であるCuriosityが撮影した最高の写真(同探査機自体の写真も含む)のいくつかを振り返る。

 打ち上げ準備が整った「Curiosity」。2011年後半に打ち上げられ、8カ月以上をかけて火星に到着した同探査機は2012年8月6日(北米の大半の場所では8月5日夜)、ゲイルクレーターに着陸した。Curiosityは火星での最初の1年間に190Gバイト以上のデータと数万枚の写真を地球に送信している。今回のフォトギャラリーでは、火星に着陸した最先端の探査機兼移動式科学実験装置であるCuriosityが撮影した最高の写真(同探査機自体の写真も含む)のいくつかを振り返る。

提供: NASA/JPL-Caltech

  • このエントリーをはてなブックマークに追加