logo

火星着陸から1年が経過した探査機「Curiosity」--これまでの成果を写真で振り返る - 6/19

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月09日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 火星に到着してから間もない頃、Curiosityは「Chemistry and Camera(ChemCam)」システムを使って、火星の岩石を初めて観察した。ミッション期間を通して、同探査機は目に見えないレーザーを岩石や土壌に照射して、それらを分析する予定だ。画像中の円形の挿入画像は、レーザーテスト前の岩石の拡大写真だ。正方形の挿入画像はそれをさらに拡大したもので、岩石のレーザー分析の前後に撮影された画像の違いがよく分かるように加工されている。

 火星に到着してから間もない頃、Curiosityは「Chemistry and Camera(ChemCam)」システムを使って、火星の岩石を初めて観察した。ミッション期間を通して、同探査機は目に見えないレーザーを岩石や土壌に照射して、それらを分析する予定だ。画像中の円形の挿入画像は、レーザーテスト前の岩石の拡大写真だ。正方形の挿入画像はそれをさらに拡大したもので、岩石のレーザー分析の前後に撮影された画像の違いがよく分かるように加工されている。

提供: NASA/JPL-Caltech/LANL/CNES/IRAP

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]