logo

火星着陸から1年が経過した探査機「Curiosity」--これまでの成果を写真で振り返る - 2/19

Eric Mack (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年08月09日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 211マイル(約339.6km)上空から、米航空宇宙局(NASA)のMars Reconnaissance Orbiter(MRO)はCuriosityのゲイルクレーターへの降下を目撃した。そのとき、幅70フィート(約21.34m)のパラシュートの下で、同探査機を格納したエアロシェルが緩やかに降下した。超音速パラシュートがエアロシェルの降下速度を減速させた後、低速で降下する「スカイクレーン」がCuriosityを地表に軟着陸させた。

 211マイル(約339.6km)上空から、米航空宇宙局(NASA)のMars Reconnaissance Orbiter(MRO)はCuriosityのゲイルクレーターへの降下を目撃した。そのとき、幅70フィート(約21.34m)のパラシュートの下で、同探査機を格納したエアロシェルが緩やかに降下した。超音速パラシュートがエアロシェルの降下速度を減速させた後、低速で降下する「スカイクレーン」がCuriosityを地表に軟着陸させた。

提供: NASA/JPL-Caltech/Univ. of Arizona

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]