logo

第2四半期の世界PC市場、出荷台数が5期連続で減少--ガートナー調査

Desiree Everts DeNunzio (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年07月11日 10時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gartnerが米国時間7月10日に発表した調査結果によると、2013年第2四半期の全世界PC出荷台数は7600万台で、前年同期から10.9%減少したという。これは5期連続での出荷台数減少で、PC市場の歴史上最長となった。

 一方、調査会社のIDCもGartner同様に悲観的な見方をしており、全世界PC出荷台数が前年同期比で11.4%減少したと述べた。

 さらに悪いことに、一部の地域では景気が上向いているにもかかわらず、PC出荷台数はすべての地域で減り続けている、とGartnerは述べた。Gartnerはその原因として、オンラインにアクセスするガジェットにタブレットやスマートフォンを選ぶ消費者が増えていることを挙げた。

 プリンシパルアナリストの北川美佳子氏は出荷台数の減少について、次のように述べている。

 主に成熟した先進国市場の消費者が使用するローエンドのマシンが安価なタブレットによって置き換えられる中で、われわれはPC市場の縮小とPCインストールベースの縮小の間に直接的な関係があると考えている。新興市場では、多くの人々にとって、安価なタブレットが初めてのコンピューティングデバイスになっている。それらの人々は、よく言っても、PCの購入を延期している。これは、ミニノートPC市場の崩壊の主な原因でもある。

 すべてのPCメーカーが不振にあえいでいるが、Lenovoは長年のライバルであるHewlett-Packard(HP)を抑えて、首位の座を維持した。

提供:Josh Miller/CNET
Lenovoはかろうじて首位の座を維持している。
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集