logo

Yelp、テイクアウトやデリバリーの注文が米国で可能に

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年07月10日 11時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yelpは米国時間7月9日、「iOS」版アプリや、モバイル向けおよびPC向けのウェブアプリをアップデートした。これにより、食べ物のテイクアウトやデリバリーが注文できるようになる。

 Yelpによると、レストラン表示のオプションとして提供されるこの便利な機能は、Eat24やDelivery.comといったオンラインデリバリー注文業者を利用するものとなっており、当初は限られた地域でのみ利用可能であるものの、ゆくゆくは全米の数多くのレストランを対象とするようになるという。こういった注文機能により、ユーザーは同社のサイトやモバイルアプリを使い続けながら食べ物を注文できるようになった。

 今回のアップデートは「Yelp Platform」と呼ばれるより広範なパートナープログラムの一環である。このプログラムでは今後、同社のビジネスレビューサイトに掲載された地元企業の一覧を通じて、スパトリートメントやヨガ教室、歯医者といったその他のサービスを予約できるようになるという。

 こうした取り組みにより、従来であればコンシューマーが地元企業に関する情報の収集や提供にのみ利用していたYelpのサービスに商業的な側面が加わることになる。このため、潜在顧客をその場で顕在顧客にしたいと考えている地元企業に向けた広告販売の促進が期待できる。

 なおYelpによると、同様の機能を備えた「Android」版アプリも近々リリース予定だという。

提供:Yelp
提供:Yelp

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集