logo

アップルのWWDC 2013開催目前、期待の発表内容を予想 - 8/15

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年06月03日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 さまざまなリーク情報やソフトウェアの調査を頼りに、Appleがラジオのような製品か、「iTunes」のストリーミングを受けられる「iRadio」を手がけているといううわさが、2012年に流れ始めた。これは、「Spotify」や「Pandora」などのサードパーティーアプリと競合する。それら2つのアプリはどちらも、無料の音楽ストリーミングサービスと、月額料金が設定された会員制サービスを提供している。

 Appleはアプリのダウンロードから30%を徴収しているおかげで、iTunesから大きな利益を上げている。また同社は、音楽ストリーミングサービスを実現するため、大手音楽会社2社と協議中だと報じられている。「iTunes Match」「iTunes in the Could」「iCloud」の登場に続いて、Appleは同社のiTunes市場を強化して、音楽サービスを拡大しようとしているのかもしれない。

 名前がiRadioかどうかは不明だが、ラジオ関連の製品が発表されるとすれば、2013年の夏かそれ以降だと予想される。
Scroll Right Scroll Left

 さまざまなリーク情報やソフトウェアの調査を頼りに、Appleがラジオのような製品か、「iTunes」のストリーミングを受けられる「iRadio」を手がけているといううわさが、2012年に流れ始めた。これは、「Spotify」や「Pandora」などのサードパーティーアプリと競合する。それら2つのアプリはどちらも、無料の音楽ストリーミングサービスと、月額料金が設定された会員制サービスを提供している。

 Appleはアプリのダウンロードから30%を徴収しているおかげで、iTunesから大きな利益を上げている。また同社は、音楽ストリーミングサービスを実現するため、大手音楽会社2社と協議中だと報じられている。「iTunes Match」「iTunes in the Could」「iCloud」の登場に続いて、Appleは同社のiTunes市場を強化して、音楽サービスを拡大しようとしているのかもしれない。

 名前がiRadioかどうかは不明だが、ラジオ関連の製品が発表されるとすれば、2013年の夏かそれ以降だと予想される

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]