logo

アップルのWWDC 2013開催目前、期待の発表内容を予想 - 10/15

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎2013年06月03日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Siri」は発表から2年近く経った今でもベータ版のままだ。Appleの音声アシスタントアプリは、モバイル業界で音声コマンドサービス競争が過熱している中、知的なアシスタントソフトウェアとしてトップランナーになれる可能性があった。

 Siriには、情報源の追加、国際化サポート、iOSベースのデバイス全体とのより深い統合、正確な音声認識などの改善が考えられる。

 「Maps」にも問題があるが、その原因の一部は、AppleのリーダーたちがiOS 6のリリースに合わせて完成を急がせたことにある。Mapsは当時未完成の製品であり、そのことで、CEOのTim Cook氏自身が公式に謝罪した。時間がたつにつれて地図データは改善されてきたが、間違いなく最高の、もっともよく使われている地図サービスである「Google Maps」のライバルと呼べるまでになるには、まだ相当時間がかかりそうだ。

 アナリストの予想では、Appleはモバイル決済やその他の会員制サービスなどの、エコシステムの重要な分野に事業を広げていく可能性があるとされている。
Scroll Right Scroll Left

 「Siri」は発表から2年近く経った今でもベータ版のままだ。Appleの音声アシスタントアプリは、モバイル業界で音声コマンドサービス競争が過熱している中、知的なアシスタントソフトウェアとしてトップランナーになれる可能性があった。

 Siriには、情報源の追加、国際化サポート、iOSベースのデバイス全体とのより深い統合、正確な音声認識などの改善が考えられる。

 「Maps」にも問題があるが、その原因の一部は、AppleのリーダーたちがiOS 6のリリースに合わせて完成を急がせたことにある。Mapsは当時未完成の製品であり、そのことで、CEOのTim Cook氏自身が公式に謝罪した。時間がたつにつれて地図データは改善されてきたが、間違いなく最高の、もっともよく使われている地図サービスである「Google Maps」のライバルと呼べるまでになるには、まだ相当時間がかかりそうだ。

 アナリストの予想では、Appleはモバイル決済やその他の会員制サービスなどの、エコシステムの重要な分野に事業を広げていく可能性があるとされている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]