FAQ:グーグルの「Google Glass」--基本的な疑問から使用上の注意まで

Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年05月13日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 読者の皆さんは既に、見出しを目にしたり、写真を見かけたり、「Saturday Night Live」の動画に大笑いしたりしていることだろう。しかしGoogleによる未来的な新しいハイテクフェイスウェア「Google Glass」について、まだ残っている疑問もあるかもしれない。

 このFAQ記事では、Google Glassとは何か、それに当てはまらないことは何か、どんなことができるのか、誰のためのものか、いつどこで買えるのか、そしてその着用感や使用感はどうかといった、よくある質問のいくつかに答えるつもりだ。知りたいことを見つけやすいように、質問は大まかにセクション分けしてある。

Google Glassの基本

--そもそもGoogle Glassとは何か。

 Google Glassとは、スマートフォンのスクリーンの延長として機能するウェアラブルテクノロジデバイスで、いくつかのシンプルなタスクを実行できる。それはメガネに似ている。

 米CNETが入手したモデルは「Google Glass Explorer Edition」だ。これは実際にはベータ版として作られた製品で、今後新たなハードウェアやソフトウェアアプリケーションの波を広げていくためのものである。純粋かつシンプルなコンセプトウェアだ。

--Google Glassに当てはまらないことは何か。

 現段階ではGoogle Glassは完成した市販品ではない。そしてそのために作られてもいない。携帯電話やコンピュータではないし、それを今すぐAmazonや地元のBest Buyの店舗で入手することはできない。

--何ができるのか。

  • 音声検索
  • 自動車の運転時、歩行時、サイクリング中の経路案内
  • 写真や動画の撮影と「Google+」での共有
  • 「Google Hangout」の開始
  • 電話を受けること
  • テキストメッセージの送信
  • 天気などの検索結果の表示
  • サードパーティー製アプリとの連携

--動かすのに必要なものは何か。

 Google Glassはスマートフォンではないが、BluetoothかWi-Fi経由でスマートフォンと接続して使う。自宅のWi-Fiネットワーク上で使うこともできる。Google Glassを使うにはGoogleアカウントが必要だ。また写真や動画の共有にはGoogle+アカウントが必要になる。

--「Android」以外のスマートフォンにも対応しているか。

 現時点でGoogle Glassは「iPhone」でも使えるが、機能の制限がある。Android搭載スマートフォンであれば、すべての機能を使うことができる。Googleはほかのスマートフォン用OSとの互換性については発表していない。

--Google Glassは誰のためのものか。

 現時点では、1500ドル(税込みでは1600ドル以上)で購入済みの開発者のためのものだ。われわれのようなジャーナリストもデバイスを購入する必要がある。ただし一部の人々は、Googleのソーシャルネットワーキングキャンペーンの一環としてGoogle Glassを受け取っている。

 将来的には、Google Glassの光学系やテクノロジをサポートするサードパーティー製のデバイスやメガネが、サングラスや度付きメガネのメーカーなどから発売されることが期待できる。

その強調されすぎた右側により、Google Glass Explorer Editionを気にしないようにするのは難しい。
その強調されすぎた右側により、Google Glass Explorer Editionを気にしないようにするのは難しい。
提供:Sarah Tew/CNET
  • このエントリーをはてなブックマークに追加