logo

YouTube、新たなライブ動画配信APIを発表--ゲームへの動画組み込みなど容易に

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年03月29日 11時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--YouTubeは米国時間3月28日、ゲーム開発者向けにゲームソフトにライブ動画を追加できるAPIを新たに発表した。

 開発者はGoogleが28日にGame Developers Conferenceで発表した新しいAPIセットを利用して、アプリケーションのビデオストリームをライブ配信できる。

 実際の使い方としては、ゲーム開発者が既存のゲームにコードをいくつか追加すれば、スマートフォンやタブレットからゲームプレイの様子をライブ配信できるようになる。

 Googleが28日のプレゼンテーションで述べたところによると、こうしたシステムは「Call of Duty: Black Ops II」など少数のデスクトップPC用ゲーム作品ですでに実用化されており、プレイヤーが制作した数多くの動画が「何百万回も再生」されているという。

 Googleによれば、処理能力が低い携帯端末でもすべての機能を実現するために、さまざまな解像度や動画の品質に合わせたサイズの変更といった負荷の大きい作業についてはサーバ側で処理しており、240pのコンテンツから最大1080pのコンテンツまで対応できるという。

提供:CNET
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集