logo

Facebook向けゲーム開発者による2012年の売り上げは28億ドル--同社幹部が語る

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月27日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookプラットフォーム向けゲームの開発者が2012年に生み出した金額は28億ドルだったと、Facebookの幹部らが米国時間3月26日、開発者に向けて語った。

 Facebookは、より多くのゲームクリエーターを獲得しようと、同プラットフォーム上でプレイできるセミハードコアゲームやハードコアゲームを充実させたいという熱意を示してきた。こういったタイプのゲームは、プレーヤーが時間やお金を最も費やすものとなっている。同社幹部らは、Facebookをこうした熱心なゲームプレーヤーのための場所にするべく取り組んでいると述べた。

 FacebookのSean Ryan氏はカリフォルニア州サンフランシスコで開催中の「Game Developers Conference」で「われわれは、ゲーム事業のあらゆるところで大きな投資を行っている」と述べた。

 同社は、Facebookのゲームのなかで現在最も人気の高い「Candy Crush Saga」のクリエーターを引き合いに出し、Facebook上での成功について語るとともに、新たな統計データを発表した。以下がその内容である。

  • 毎月、2億5000万人以上のユーザーがFacebook上でゲームをプレイしている。
  • 2月時点で、「iOS」アプリの上位400本のうち、55%がFacebookとの統合機能を用意している。
  • 2月にFacebookのモバイル版ニュースフィード上のリンクをクリックしてAppleの「App Store」や、「Google Play」にアクセスしたユーザーの数は2億6300万人に達した。
  • Facebookのウェブサイトに毎日アクセスするユーザーのうち、20%がFacebook上でゲームをプレイしている。
  • インストールされたゲームの数は、2012年3月から75%増加している。
  • Facebook上でプレイできるゲームのうち、毎月のアクティブユーザー数が100万人を超えるものがおよそ200本ある。
  • Facebook上のゲーム開発で2012年に100万ドル以上を手にした開発者の数は100人を超えている。
  • 2012年3月以降、Facebookのゲームにお金を支払ったユーザーの合計数は、前年比で24%の増加となっている。

 またFacebookは、会員のプロフィールページに「games collection」を追加することを発表した。プロフィールページの「About」(基本データ)セクションに追加されるこの欄には、該当ユーザーがプレイしているゲームや、「Like」(いいね!)ボタンを押したゲームが表示される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集